ひげ脱毛のキメ手

肌を見せる事が多くなる夏は、脱毛して、すべすべお肌になりたいです。

日本人の脱毛意識についての考察

2014年2月4日 // by admin

脱毛と聞けば女性の無駄毛処理のイメージが強いかもしれないが、今や男性向けの商品やサービスも一般的となった。

猛暑続きの夏場、半袖や薄着で露出することが多くなり、男女ともに脱毛を身だしなみのひとつであると意識しているのかもしれない。

脱毛していないことが必ずしも不潔であったり、人に不快感を与えるわけではないとはいえ、日本人は比較的体毛が苦手である。

だから街中に「脱毛」の文字が躍っているわけだが、ではなぜ日本人は神経質に脱毛を希望するのか。

諸外国では女性であっても脱毛など処理をしないことは少なくない。

その国、時代の価値観とも言えなくないが、毛に対しての意識が決定的に違ってくる原因となり得ることがある。

それは「皮膚と毛の色」である。

白人・黒人であれば、それは保護色になっているのだ。

その点、日本人など黄色人種はどうしても黒い毛の存在感が出てしまう。

それが「無精」であるとか、気持ち悪いといった印象につながり、個人の評価を下げることにつながる可能性があるのだ。

もちろん、それは誤解であるが、毛深いかそうでないかを選択するのであれば、わざわざ毛深くなりたいという人は奇特かもしれない。

したがって、体質的に毛深いからということを本人が必要以上に気して、周りの目が気になるということであれば、脱毛という選択肢があっていいと思う。

Comments are closed.